5分以内に保湿せよ!母の使命と葛藤

先日、皮膚科へ行ってきました。
私じゃないですよ、5歳のぷりぷりお肌を持つ娘の受診です。

なんでかっていうと、乾燥によるお肌のトラブルが気になりだしたから。
いつもは毛穴も見えないくらい肌のきめが細かいのですが、季節の変わり目やとりわけ冬なんかにはカッサカサになり痒くなり掻きむしり出血することも(;_:)
子どもはまだ自分でケアできませんから、ここは親として大切な役目ですよね。
とくに女の子ですから♪お肌は大事♪
自分が年を重ねて悩みをかかえるだけに、娘にはいつまでも綺麗な肌でいられるようスキンケアの大切さを教えてあげたいと思っています(*^_^*)

皮膚科っていうと、何かトラブルが起きたときに行く場所という印象だけど、よくよく考えてみたらお肌のプロフェッショナルですよね。
うちがホームドクターにしている皮膚科、漫才師ハイヒールのりんごさんみたいな容姿でさらに性格も彼女のようにテキパキした女医さんなんですけど、とってもお肌がキレイ。
ちょっと怖いんだけど愛に溢れていて、やっぱりスキンケアにも精通しているんだろうなと説得力たっぷりです(笑)

そんなカリスマ医師に、目から鱗のスキンケア情報をゲットしました★
それは「保湿は洗顔もしくは湯上り後の5分以内にする」ということ。
血行がよくなっているうちに保湿をすることで、より効率的にお肌に水分を取り込めるんですって。
逆に5分を過ぎるとお肌の中にある水分が蒸発していくそうで・・・あぁ想像するだけで恐ろしい(>_<)
ということで、お風呂後はいつも私の胸の中で葛藤が繰り広げられています。
水分が減っていくアラフォーの私を先にするべきか、乾燥に負けてカサつく可愛い娘を先にするべきか。
結局はいつも自分を先にしてしまうのですが・・・
ま、娘の保湿だって急いでするし、しないよりはいいよね!?なんて(^_^;)

さらに女医さんによると、昨今、取りざたされることが多いアレルギー、実はアレルギーの抗原も荒れた肌から入り込むのだとか。
保湿を怠ることで皮膚のミルフィーユ構造が崩れて肌がカサつき、そこから抗原が入るんですって。
花粉も小麦もなんでも抗原として入り得るとのことですから怖いですよね。

だとしたら尚更のこと、保湿によるスキンケアは欠かせない!
娘がみずから適切なスキンケアを出来るようになるまで綺麗なお肌を守ってあげなきゃ。
アレルギーが入り込まないようにケアしてあげなきゃ。
娘の肌を守る使命、そして自分とどちらを先に保湿するかという葛藤、まだまだしばらくは続きそうな母なのです(笑)

このページの先頭へ