美容と、流行りのときめ片付け術

最近、流行っていてついつい波に乗ってしまったものがあります。
コンマリちゃんこと近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」。

もうご存知の方も多いですよね。
自分に本当に必要なものを考えて整理することでトキメキアイテムが残り、それを大切にして生活できるというリバウンドしない画期的な整理術。
確かにモノって思い出があって捨てられなかったり衝動買いしちゃったり、どうしても雑多になって溢れがちですものね。
よく考えたら、スキンケア商品やメイク用品なんかもそうだな〜って。

ドレッサーやメイクボックスを想像したら、きっと多くの女性が頷くはず。
衝動買いしたけど似合わなかったチーク、流行の勢いで買ってしまったけど使わない口紅、乗り換えて使いかけのまま砕けたファンデ・・・いっぱいありますよね(苦笑)

で、思ったのです。
そういうアイテムを整理するだけで、きっと美容への気持ちはもっと上がるはずだと。
本当に恋しいトキメくアイテムだけを残せば、もっとスキンケアもメイクも楽しくなるはずだと。
料理が好きな女性が「城」としてキッチンに好きなアイテムだけを揃えるのときっと同じこと。
スキンケアやメイクをする洗面やドレッサーこそ、好きなアイテムだけで「城」にするべき場所なのかもしれません。

だから。
私は月に一度くらいは必ずスキンケア製品やメイク用品を見直しています。
思い立った時でいいいんですよ。
最近ちょっと雑多になったなと思ったら軽く見直す。
スキンケアのストックを把握すると余計な買い物はなくなるし、今の肌の状態に合わないものがストックされていることに気付くこともある。
そんな時には肌に必要なアイテムを感じてすぐに切り替えてあげることもできる。
メイクなんて余計にそう。
生理整頓しておけばモノを探すこともないし必要なアイテムがすぐ分かる。
だから時短メイクにも大助かりだしね(^^♪

モノを片付けると気持ちまで整理されたようになるから不思議です。
それこそ「断捨離」にも繋がるのかもしれないですね。
アイテムを整理することで自分の個性や好みを再認識する、それを選んだ自分を自覚して個性を認識し自信が持てる、過去を振り向かず前へ向かって進める。
そんな感じなのかもしれません(*^_^*)

子育てママも、ワーキングママも、恋や仕事にときめく独身女子も。
日本の女性達よ、さぁ前を向いて進もうではありませんかっ★

このページの先頭へ